吉野ヶ里にメガソーラーはいりません!

吉野ヶ里遺跡とは

  • HOME »
  • 吉野ヶ里遺跡とは

1. はじめに

吉野ヶ里遺跡は、佐賀県神埼市神埼町大字志波屋・鶴と松崎郡吉野ヶ里町(旧三田川町大字田手)にまたがる標高7~23mの低地から段丘上にかけて立地している日本有数の遺跡です。

 

2. 吉野ヶ里遺跡の価値!

吉野ヶ里遺跡は、稲作農耕の開始以来、列島社会に古代国家成立の前提となる原始的国家が形成される過程と、その空間的広がりを、遺跡の変遷から見事に捉ることのできる極めて学術的価値の高い遺跡です。

弥生時代の巨大な環濠集落跡であると同時に、弥生時代の前・中・後期全般を通して変化・拡大していった継続的な集落跡で、そうした時間的数位の中で、墳丘墓や甕棺墓などの墳墓の形成・発展が集落と対応して捉えられることなど他に例をみない情報量の多さを持っています。

そして、その規模は弥生時代の環濠集落として全国最大であり、幾重にも巡らされた環濠と建物群の形態や配置は、ほかの同時代の集落跡では見られない豊富な内容を持っています。

 

3. 弥生時代だけの遺跡ではない!

吉野ヶ里遺跡からは縄文時代の土器や石器も多数出土しています。

また、古墳時代になると神埼町伊勢塚等で前方後円墳が築造されるようになり、奈良時代には律令国家の形成に伴いいくつかの郡が設置され、神崎郡衙のような官衙的施設の存在も伺え、さらに地割りや段丘の切通しなどの痕跡により大宰府と肥前国府を結ぶ道路跡が検出されています。

平安時代中期から末期には神埼荘と呼ばれる院領荘園が神埼郡の大部分を占めるようになったと推定されており、この時代の遺跡や出土物から神埼荘の対中国貿易の拠点(平忠盛などが活躍)としての性格を伺わせています。

中世になると武士階級が実質的支配権を確立したと考えられ、山麓部の山城や平野部の水路に囲まれた環濠集落・館などが多数存在してます。

このような縄文時代からはじまり弥生時代の大規模な環濠集落や墓地、さらに奈良・平安時代の大規模な建物群の広大な範囲に広がりをもつ遺構の状態が面的に把握される例は少なく、研究史上でも非常に貴重な資料になります。

 

4. 国営公園として整備!

その重要性を裏付けるように、昭和61年の発掘調査で発見された後、平成2年5月には異例の速さで史跡指定、翌年5月には特別史跡に昇格した。さらに特別史跡約22haを中心に約117haを国営公園(54ha)と県営公園(63ha)として整備されることとなりました。

 

5. 邪馬台国と吉野ヶ里遺跡!?

吉野ヶ里遺跡は、『魏志倭人伝』の記述にある邪馬台国を彷彿とさせる遺跡で、邪馬台国の場所論争の折に九州説の根拠として語られ、近畿説と九州説の激しい論争の契機となった遺跡でもあります。

 

6. 吉野ヶ里遺跡と徐福渡来伝説!?

吉野ヶ里遺跡は徐福渡来伝説とも関わりのある遺跡です。

徐福渡来伝説とは、秦の始皇帝から不老不死の妙薬を探すように命じられた徐福が、中国の伝説にある蓬莱山と富士山を同一視して日本に渡来したという伝説です。

実際に吉野ヶ里遺跡から8キロの場所にある金立神社では徐福が祭神として祀られており、吉野ヶ里遺跡で暮らしていた者たちは渡来人の子孫なのではないかと研究されています。

徐福渡来伝説に語られるような富士山と蓬莱山を同一視する伝説は竹取物語にも見られ、文学的にも興味深いところです。

 

7. 吉野ヶ里遺跡と平家の話!

吉野ヶ里遺跡は平安時代の平家と縁の深い遺跡です。

鳥羽上皇の所領であった神崎荘は現在の神埼郡全域にわたる大きな荘園であり、かつ、平清盛の父忠盛が荘官を務め、宋国との貿易を通じて財力をつけた場所です。

平清盛が武士として初めて政権を握るまでに平家が成長できたのは、神崎の地を経済基盤にしたことが大きな要因と考えられています。

 

8. 吉野ヶ里遺跡の景観には価値がある!

吉野ヶ里遺跡の景観上の特徴は、遺跡上から周辺を見渡した時に、3階建て以上の人工物が目に入らないことです。遺跡の周辺の景観も含めて保存されている状態は珍しく、吉野ヶ里遺跡はその景観も素晴らしい価値を持っています。

景観は、良好な風景として人々の歴史的または文化的環境を形作るため、その景観が豊かな生活環境を構成する場合には、客観的価値を有しているといえ、法律上保護されます。

そのため、佐賀県民が享受する吉野ヶ里遺跡の景観は法律上の保護に値するものといえます。

お問い合わせはこちらです。 TEL 092-642-8525 受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日除く)

Copyright © 弁護士法人  奔 流 All Rights Reserved.
Powered by WordPress